コロナ舌

コロナ舌 新型コロナが引き起こす身体の異常が次々発覚(2021年1月28日)

スペインの研究チームが感染初期の兆候として「コロナ舌」と呼ばれる異常が発生する事があるとした報告書をまとめました。どんな症状なのでしょうか。

 

 

00:00
スペインの研究チームが感染初期の兆候としてコロナ舌
00:05
と呼ばれる異常が発生することがあるとした報告書をまとめました
00:08
コロナ舌とはどんな症状なんでしょうか
00:12
舌にできた
00:15
大きな斑点
00:18
これは新型コロナによるからだろ異常だといいます
00:24
確認されたのはスペイン
00:27
世界各地で頃同じたと報じられています
00:33
スペインの研究チームが新型コロナウイルスの304人の完成者を調査すると
00:40
感染者の4人中1人が舌の異常を感じたといいます
00:46
舌が腫れることもあり花たがついてしまうほどです
00:52
感染初期に起こる釣行で味覚を失うと言います
00:58
そして10人中4人は手や足に異常を感じ
01:04
手のひらには小さなシミ
01:07
熱を感じたり赤く変色していることを確認されました
01:15
さらにアメリカでは例え陰性が出てもコロナウイルスが脳に残り
01:21
死に至る可能性があると発表されました
01:26
新型コロナウイルスに感染させたマウスの実験
01:32
範囲のウィルスレベルがピークを越えた後
01:35
脳から堺レベルのウイルスが検出されたというのです
01:41
コード研究で脳内ウイルスレベルははいよりもおよそ1000倍高いレベルだった
01:50
研究者の口萎える助教授にやるって言うんだ
01:54
それにもうウィルスが隠れるために好む場所の一つです
01:59
一部の患者の中ではウイルスが脳に到達してしまいっていう脳の中で増えてしまった
02:05
ウイルスが回復したはずの患者を死に至らすことがあります
02:10
そして、死ななくても下ろしの神経学的症状を引き起こし続けています
02:16
いや
02:18
感染を pcr 検査で陰性と結果が出ても脳にウイルスが残っている可能性があると
02:26
いいます
02:28
パーキンソン病などの神経系の疾患のリスクが高まると下界を呼び掛けています

 

このページの先頭へ戻る