イベルメクチンamazon

人間用のイベルメクチンはamazonや楽天で買える?イベルメクチンが購入できる通販はこちら♪

人間用のイベルメクチンはamazonで買える

 

 

人間用のイベルメクチンはamazonや楽天で買えますか?


 

この記事はこんな質問に答えた記事です。
早速、結論です。
人間用のイベルメクチンはamazonや楽天では取扱がありません。
なぜならば、イベルメクチンは医療用の医薬品で市販はされていません。そのため、Amazon(アマゾン)や楽天などの通販サイトでは取扱がありませんし、薬局やドラッグストアでも販売もありません。
おまけに病院では適用(腸管糞線虫症、疥癬)以外の処方も制限されているようです。
そのため、イベルメクチンを入手するなら、海外の個人輸入しか方法が無い状況です。
私がイベルメクチンを購入しているのはペットくすりという個人輸入代行サイトです。
ペットくすりではイベルメクチン12rが48錠で11,900円から購入することができます。
ストロメクトールジェネリック12mg
商品名:イベルメクトール(ストロメクトール錠ジェネリック12mg)
有効成分:イベルメクチン12mg含有
内容量:1箱48錠
販売価格:
 1箱 11,900円
 2箱 19,800円
 3箱 28,500円
 5箱 47,000円
送料:無料
配送手数料:680円
製造メーカー:Sun Pharma (サン・ファーマ)
販売サイト:ペットくすり

 

>>人間用のイベルメクチンの購入はこちら

 

私がイベルメクチンをユニドラから購入している理由

 

1、他のサイトで売って無かったから、在庫が有るサイトの中では最安値だったから
2、ペットくすりは他の商品を購入したことがあり安心して買えるから

 

海外の個人輸入サイトをネットで探すとたくさんでてきます。
有名なサイトから名前を聞いたことが無いサイトまで、たくさんあります。
やはり、知らないサイトから海外の医薬品を買うのは不安です。
実績あるところでは、オオサカ堂、アイドラッグストア、空詩堂、ベストケンコー、ユニドラそしてペットくすりでしょうか?
これ以外の個人悠入代行サイトからは購入したことがないので、よく分からないので買ったことがありません。

 

ペットくすりはまとめ買いで安くなります。個人輸入代行サイトではまとめ買いで値段が安くなることが多いのですが、
ペットくすりではまとめ買いで、業界最安値になる商品があるので、その場合はペットくすりから買っています。

 

 

実際にイベルメクチンを買ってみました。

 

2020年の11月25日にペットくすりからイベルメクチンを買ってみました。
支払いはクレジットカードで支払いました。
以前に商品を買ったことがあり、会員登録をしているので、入力などの手続きは簡単でした。
注文すると郵便局のお問合せ番号が届くので、これを見れば、商品がどこにあるかわかるので安心ですが、
台湾経由の場合、台湾から発送されるまでは、検索結果が表示されないので、逆に不安になる方もいると思います。
今回は
11月25日 注文
12月9日 台北の国際交換局から発送
12月13日 川崎東郵便局の国際交換局に到着
12月13日 通関手続き
12月14日 国際交換局から発送
12月14日 地元の郵便局に到着
12月14日 配達
でした。

 

こんな箱に入って届きました。
イベルメクチン箱

 

箱の中はこんな感じで、イベルメクチンの箱とおまけのヒトプラセンタジェルの箱が入っていました。
緩衝材とか入ってなくて、カタカタと音がしますが、壊れるものではないので、仕方ないかなと思います。
イベルメクチン箱の中

 

箱の中には10錠入りのシートが5枚入っています。
錠剤はピンクです。今は、新しくなって、白の錠剤になっています。
イベルメクチンのシート

 

私は体重が68キロなので1錠(12r)を飲んでいます。
服用頻度はいろいろ説がありましたが、2週間に1回にしました。
服用した翌日は、目覚めがよくてびっくりした。
次の日も目覚めがよかったです。3日目からは特に感じなくなりました。
それ以外に特に効果や副作用は感じませんでした。

 

イベルメクチンは花粉症に効くという話がありましたが、私の感想では、少し楽になりますが、特に花粉対策をせずに外出すると鼻水がとまりません。
花粉症には少ししか効果はないようです。

 

とりあえず、服用しても困ることはないので、継続して服用しようと思っています。

 

>>イベルメクチンの購入はこちら

 

Twitterの評判は

 

イベルメクチンの個人輸入についてはTwitterで情報交換されています。
Twitterの検索窓に『イベルメクチン 個人輸入』と入力して調べてみるといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る